気になっていた漫画の実写ドラマ化!

 

『透明なゆりかご』がNHKでスタートしました。

 

最近は華流ドラマにどっぷりと浸かり、日本ドラマの視聴は実に数年ぶりという私が『透明なゆりかご』の感想レビューを綴りたいと思います。

 

 

『透明なゆりかご』視聴のきっかけはコチラ↓に綴っていますので良ければご覧ください。

 

→『透明なゆりかご』視聴前に。死産、私の場合。

 

 

では、『透明なゆりかご』第一話、どうぞ!

 

 

『透明なゆりかご』第一話「命のかけら」

 

 

  • あらすじ(ネタバレあり)

 

時は1997年、夏。高校の准看護学科に通う青田アオイは“由比産婦人科”で看護助手のアルバイトを始める。

アルバイト初日、外来は定休日であったが院内は慌ただしかった。

定休日と知らずに受診した妊婦の“田中”は保険証も母子手帳もない“未受診妊婦”であった。

 

人工妊娠中絶の手術室に入ることとなったアオイであったが、怖じ気づくことなく院長の指示に従っていた。

アオイに与えられた仕事は、命の欠片を集めること。それは中絶後の胎児を容器に入れることであった。その容器を一つの箱にまとめ、業者に渡す。

 

その後すぐに先輩看護師の望月紗也子から呼ばれ、分娩室に入ることになった。分娩室にはすでに子宮口全開になった妊婦と、院長の由比朋寛、看護師長の榊実江が出産に臨んでいた。

つい先ほど中絶手術が行われたこの部屋で、今は新しい命が誕生しようとしている。無事赤ちゃんが生まれた頃、アオイの頬には一筋の涙が伝うのであった。

 

アオイが病院前で出会った未受診妊婦“田中”は男児を出産したが、産後すぐに失踪し名前も住所も偽っていたことが判明する。男児は巨大児であり、低血糖の症状があった。

数日後、田中は男児の父親であるという不倫相手の男を連れて由比産婦人科に戻ってきたが、男と口論し、赤ん坊の世話を放棄してしまう。

アオイが田中に赤ん坊を会わせると、初めは愛情のなかった田中であったが赤ん坊の把握反射をきっかけに母性の芽生えを見せる。

赤ん坊に“健太”と名付け、退院時にはすっかり赤ん坊を可愛がり二人で生きていくことを決意した田中に安堵するアオイであったが、退院数日後に健太が亡くなったことを知る。添い寝で授乳中の窒息死であった。望月紗也子ら他の看護師は田中が再び不倫相手の男と口論になっていたらしいと知り虐待を疑っていたが、アオイは健太が田中の愛情に包まれて亡くなったのだと信じようとする。

 

 

 

  • 感想レビュー(ネタバレあり)

 

まず、最初に思ったと、「役者が分からない!」

数年ぶりの日本ドラマですから、今をときめく(?)瀬戸康史も初めて見た私。もちろん主役のアオイ役の女優さんも知りません。

でも、そのおかげで役者さんたちに対して変な固定観念を持たずドラマを見れたのは良かったなと思います。

酒井若菜なんて、木更津キャッツアイ(古っ!!)のモー子の印象が強かったのに、今では高校生の母親役をやるようになっているなんてもうビックリですよ!

 

そんな酒井若菜演じる青田史香はアオイのお母さんで保険外交員をやっているそう。娘のバイト先の人にまで保険営業を考えるなんて、娘にとっては迷惑そうだな・・・なんて思っちゃいました💦

 

史香とアオイはどことなく距離がありそうですね。アオイがセミの観察をしていて時間がすぎ、バイト初日に遅刻してしまったと話しているときには史香は意味深な表情を浮かべ、何とも言えないビミョーな空気が流れていました。

アオイの両親は離婚していてアオイは母親である史香と団地で二人暮らしという設定のようですが、アオイの不思議な性格も両親の離婚と何か関係があるのでしょうか?

ドラマって第一話にいろんな伏線が散りばめられているので気が抜けないですよね。

 

第一話はアオイの不思議な性格が強調されていたような気がします。

 

まず、ドラマ冒頭で由比産婦人科に到着したアオイが倒れる妊婦さんを前に「セミが泣いてる・・・」なんて嬉しそうに言うシーン。

さらには、堕胎後の胎児を容器に入れ、その容器をその日中絶手術を受けた他の胎児が入った容器と一緒に箱に詰めるシーンで「よかったね、一人じゃなくて」なんて笑顔で言うシーン。

 

いや、よかったのか?!他にも亡くなった命があるってことなのに、なになに、アオイには心がないの?!

 

なんてドキッとしましたが、出産現場に立ち会って涙するアオイを見て、

 

なんだ、温かい心があるんだ・・・

 

なんてホッとしたり、まだ初回なのでアオイのことは掴めませんが、アオイは自分で「人の心がよく分からない」なんて言っていました。アオイ役の女優さん、清原果耶さんはそんなアオイの特長をよく表現し、自然な演技ができていると感じました。

 

不思議だったのは、けっこう生まれて間もない新生児をドラマで使うんだ〜ということ。数年前のドラマだと、産後間もないシーンでも明らかに生後数週間とか数ヵ月っぽい赤ちゃんだったり、人形を使っていたような気がします。今のドラマはこんな風に新生児(に近い)赤ちゃんを登場させるのか、それともこの『透明なゆりかご』が特別なのでしょうか?

 

ちなみに、中国ドラマでは『武則天』でも『王女未央』でも、生後間もない設定の赤ちゃんが登場する際、生後1か月ぐらいしてそうな丸々とした赤ちゃんを使っていた気がします。

 

そして疑問に思ったのが、看護助手の高校生アオイにけっこう何でもさせるんだなぁということ。

看護助手のバイトを始めて数日しか経っていないアオイ一人に新生児の赤ちゃんを任せたり、産婦さんに沐浴指導をさせたり、低血糖の赤ちゃんに薬を飲ませたり(しかもその様子を他の看護師は見ていない)、それって普通なのでしょうか??

正直言って、看護助手を始めてまだ数日しか経っていない人間が信用できるかどうかなんて判断できないじゃないですか。赤ちゃんに触ったこともないだろうし、ちょっと手が離れて抱っこから落としちゃうかもしれない。

産婦の立場で言うとすっごく不安に思っちゃいました💦

 

 

 

そして、ドラマを見ていると「いやいやこれはナイナイ!」という点や「これはある〜!」という点がいくつもありましたので見ていきたいと思います。

 

 

共感できなかった部分〇左紊垢綾亞櫃韻襪覆鵑得簑侈詰!

 

未受診妊婦である通称“田中さん”(本名は木島さんだそうです) が産後すぐに消息不明になり、不倫相手である赤ちゃんの父親を連れてくるシーン。

田中さんは産後すぐに消息不明になり、数日後(と思われます)不倫相手の手を引っ張りながらズカズカ産婦人科に戻ってきますが、まず産後すぐに出歩くとか無理ですから!血がドバドバ出て大変ですし、骨盤ガタガタでまともに歩くこともできません。それに少し歩いただけで体力が底を尽きベッド行きです。不倫相手を引っ張って連れてくるなんてムリムリ(ヾノ・∀・`)

 

 

共感できなかった部分⊥浴のとき、赤ちゃんの耳はふさがない

 

これは産婦人科にもよるのでしょうか?

私は長男と次男を別の産婦人科で産みましたが、どちらの沐浴指導でも看護師さんに「耳はふさがなくても大丈夫ですよ。赤ちゃん今まで羊水につかってましたから、ちょっとぐらい耳に水が入ったって平気平気」と言われました。

 

 

共感できなかった部分助産師がいない?!

 

ドラマを見る限り、そして『透明なゆりかご』ドラマHPの登場人物紹介を見ても助産師さんが見当たらない!

助産師さんがいない産婦人科なんてあるのでしょうか??

私の出産経験で言うと、長男と次男を別の産婦人科で出産しましたが、どちらも陣痛から出産まで助産師さんが面倒を見てくれました。お医者さんは赤ちゃんが生まれる直前の会陰切開と産後の処置(胎盤出したり)をするだけで、赤ちゃんが生まれる直前か生まれた後に助産師さんや看護師さんが院内電話でお医者さんを呼び寄せるって感じでした。(なお、夫が言うには長男出産時に担当したお医者さんは明らかに寝起き状態で来て会陰切開をしていたとのこと)

長男のときも次男のときも「出産って、助産師さんが主体なんだぁ」って思った記憶があります。

 

 

共感できなかった部分ぅぅんでいるときには誰にも触れられたくない!

 

これは産婦さんによって違うのかもしれませんが、子宮口が全開になっていよいよイキむぞって時。ドラマではアオイが涙した出産シーンの産婦さんですね。

無我夢中の産婦さんに「さすって!」と言われアオイがさするも「そこじゃない!」と言われ突き飛ばされる。看護師長がさする。というシーン。

私だったらとにかく呼吸を合わせてイキむことに集中したいので(1秒でも早く産みたいがために必死です)、夫であろうがベテラン看護師長であろうが触れてくれるな!という気持ちでした。

夫にしてほしいことといえば、水を飲ませたりうちわで扇いだり汗を拭いたりということですね、それ以外の例えば「今赤ちゃんも頑張ってるからな、もうちょっと!」とかいう励ましもタイミングによっては「うるせぇ・・」となるわけです(;´∀`)

さすってほしいのは子宮口全開までのイキみ逃しのとき。腰を内側からハンマーでガンガンやられてるような痛みに耐えているときは腰をさすったりお尻を思いっきり押したりしてくれるとかなり助かります。

 

 

共感できなかった部分ダ屬舛磴鵐好辰判个討すぎ! 

 

こちらも「さすって!」の産婦さんのシーン。

小学生ぐらいのお姉ちゃんがいる経産婦さんでお産の進行が早いのは分かります。けれど、呼吸法変えてから一瞬で生まれてきます?!

でも色んな方の出産体験記を読むと「本当にスルッと出てきました」という産婦さんもいるし、ありえるのかもしれません。

私は次男出産時、病院に着いてから3時間ほどの安産でしたが、それでも最後は次男の肩関節と膝関節で子宮口を思いっきりえぐられ、その度にイキみがストップして気が狂いそうでした(T∀T)

 

 

共感できなかった部分出産時のベッドが平ら

 

これも産婦人科によるのでしょうが、私の出産時は長男の病院も次男の病院も、妊婦検診のときのような斜めに座った状態のベッドだったんですよね。そして左右にレバーがあってイキむときに力が入りやすくなっているという。

ドラマ内では診察台と同じようなベッドで出産していたので違和感がありました。

 

 

 

では次に「なるほど」「そうそうよく分かってるね」と感心したシーンを見ていきましょう。

 

共感できた部分.鼻璽淵張ッション

 

これね。会陰切開すると数日は痛すぎて普通に座れないんですよ。だから授乳中も面会中も座るときはドーナツクッション必須。ベッドに寝ていた“田中さん”が座るときにスッとドーナツクッションらしきものをベッドの下から出して座っていたのは思わず「おぉっ!」っと思いました。

 

 

共感できた部分∧貔の芽生え

 

赤ちゃんの原始反射である把握反射について知らなかった“田中さん”。最初は赤ちゃんに愛情がなく、どうでもいいと思っていた田中さんでしたが、赤ちゃんが自分の指を握ってきたことで「こんな私でも必要としてくれるんだ」と笑顔になり、赤ちゃんのことを可愛いと感じだすシーンです。

そうなんです。何も田中さんが訳ありだから母性が芽生えなかったわけではありません。

父親は自分が産んでいないから父性が芽生えるまでに時間がかかりますが、母親だって赤ちゃんが生まれてすぐ母性が芽生えるわけではありません。赤ちゃんのそばにいて、赤ちゃんに触れて、クタクタになって眠い中一生懸命お世話しているうちに徐々に母性が芽生えてくるものです。その辺りドラマを見て共感しました。

 

 

共感できた部分おならの大きさ

 

赤ちゃんのおならって大きいんですよね。「その小さな体からどうしてこんなに大きなおならが出るの?!」って笑っちゃうぐらい。これもドラマではよく表していたと思います。

実際は赤ちゃんのおならにはもれなくウンチがついてきますが(;^∀^)

 

 

そんなこんなで、共感できる部分、できない部分がたくさんありましたが、こんな風にドラマを見るのも楽しみの一つですよね。

今後もドラマ内の細かい部分に注目していきたいと思います。

 

さて、それではドラマのストーリーに話を戻しましょう。

 

産婦人科って、新しい命が誕生した喜びにどうしても光が当たりますが、現実にはその陰で赤ちゃんとの別れにより悲しく辛い思いをしている妊婦さんもいる。そんなことを改めて考えさせてくれるドラマでした。

田中さんが笑顔で健太君に愛情を注ぎ、退院する背中を見ながら嫌な予感はしましたが、やはり悲しい結末が待っていましたね。

添い乳での授乳は疲れきったお母さんにとっては非常に助かるのですが、実際に添い乳での赤ちゃんの窒息死は起きていますので注意が必要ですね。

これからも毎回、何か悲しい、考えさせられるストーリーが待っているのでしょうか。

今後もそういった産婦人科の側面と、アオイとお母さんの関係性、また今の時点で1997年の設定なので最終的には看護師になったアオイ、またアオイ自身が母親になる未来も待っていそうですね。そちらも楽しみにしながらこの『透明なゆりかご』を視聴したいと思います。

 

 

 

  • まとめ

 

CMなし、45分ぶっ通しのNHKドラマ『透明なゆりかご』。初回は興味深く視聴することができました。

全10回ということで、今後の展開と結末を楽しみにしながら視聴を続けたいと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM