長生(ちょうせい)の前ではあんなにデレデレでみんなに長生の偉大さを言いふらしている白落衡(はくらくこう)ですが、天道学院での傍若無人ぶりを見ると以前莫雨(ばくう)が言っていた「あんなワガママ姫を手なずけるなんて、陳長生は油断ならない!」という言葉に頷けるような気がします。

長生が白落衡や軒袁破(けんえんは)の経脈を治した効果も出てきているようですし、今後白落衡と軒袁破がどのように強くなっていくかも楽しみなところですね!

 

 

 

『擇天記(たくてんき)〜宿命の美少年〜』第9話「伝説の黒龍」

 

 

 

  • あらすじ(ネタバレあり)

 

天鳳の血脈を持つ者は真龍の血脈を持つ者と惹かれ合う。しかし、もし天鳳の血脈を持つ者が他の者に心を動かされることがあれば巧法を失うだけに留まらない・・・
莫雨は長生への想いを断ち切れない有容(ゆうよう)の身を案じ、宮中の深い淵に妖族の経脈を治す石があると偽り長生を誘い出す。
莫雨に寒淵の底へと突き落とされた長生は、そこで神都に存在するといわれていた伝説の黒龍と対峙する。黒龍は今まで強欲な人族を何人も呑み込んできたが、長生は強欲な人族ではないとして話し合いに応じた。この黒龍は神都を襲った玄霜(げんそう)巨龍であった。
玄霜巨龍は神都を襲った後聖后によって淵の底へと閉じ込められていたのだった。長生と話すうちに玄霜巨龍は女性の姿となって現れた。長生は彼女を“朱砂(しゅさ)”と名付け、必ず助け出すのでここから出してほしいと願い出る。朱砂は長生を信じ淵の底から出してやることにした。

 

長生不在の中、軒袁破(けんえんは)は国教学院の庭で9枚の古びた石盤を掘り起こす。

 

長生が無傷で寒淵を脱し、国教学院に戻ったことを知った莫雨は自らが長生を殺そうとしたことを聖后に正直に話し、二度と勝手な行動は取らない・今後長生の命を狙わないという条件で許しを得る。

 

聖后は寒淵に赴き更に強固な陣を敷き黒龍を封印するのであった。

 

 

 

  • 感想(ネタバレあり)

 

またも聖后のブラックな一面が見えました。自らが寒淵の奥底に閉じ込めている黒龍に対して「お前が黒袍の手下になるから悪いんだぁぁ!!」と、攻撃していましたね。この黒龍が神都を襲ったときに太宗が崩御→魔族に攻め込まれる→聖后、皇太子を天に捧げて魔族を鎮圧する。という流れだったのでしょうか。

 

一方で、聖后は自らの意に添わない勝手な行動を取った(長生を殺そうとした)莫雨をすんなり許して何の罰も与えず、「お前を信用している」と言って跪いて謝罪する莫雨に手を差し伸べていましたね。聖后は人の気持ちをコントロールする能力にも長けているのでしょう。敵味方はっきり区別して敵に対しては徹底的に痛めつけるタイプでしょうかね。

 

そんな聖后に長い間閉じ込められ痛めつけられていた黒龍(長生に“朱砂”と名付けられていたので今後長生の味方になるのでしょう)は龍族です。
『擇天記』の世界には人族、妖族、魔族以外にも別種族が存在していたのですね。
朱砂は「どうして父上は助けに来てくれないんだ」と嘆いていましたが、あんなに大きい黒龍がほかにもいたら絶対目立つはずですし、朱砂の父親である黒龍もどこかに閉じ込められているのでしょうか??今後登場なるか、楽しみにしたいと思います。

 

有容は長生とのこと諦める決意をしたようですね。莫雨を通して「青藤宴で私との婚姻を断ってほしい」と長生に伝えていましたが、そんなまどろっこしいことするならストレートに長生が徐家に婚姻の証を返せばいいと思うのですが・・・。長生は有容の両親にこっぴどく言われたことでプライドを傷付けられた(?)という引き下がれない気持ちも分かりますが、有容を悩まさないようにということも考えてほしいですよね・・・。今のところ長生と有容の恋愛を応援しきれていない私です💦
有容は秋山君とくっついて天鳳の血脈を守ってほしいなぁ。秋山君、いつも有容のこと大事にしていて強いし一途だしいいじゃないですかね(*´з`)有容はきっと近くにいすぎて秋山君の良さが分かっていないんでしょうね。

 

しかし、天鳳の血脈を持つ有容が真龍の血脈を持つ者以外に心を惹かれると有容は功法を失うだけでは済まないって莫雨は言っていましたが、それならどうして有容のおじいちゃんは長生に婚姻の証を与えたのでしょうね??案外だいじょうぶなんじゃない?!とも思ってしまいます。

 

 

 

  • まとめ

 

ついこの前は莫雨に対して「秋山君にも長生にも誰にも心を動かされることはない」なんてきっぱり言っていた有容ですが、今回は長生のこと想っている前提で揺れ動く心を莫雨にぶつけていた有容。冷静沈着な有容も初恋には勝てないんですね。そんな有容を本気で心配している莫雨ですが、聖后との約束をちゃんと守って今後は長生の命を狙わないでほしいものです!

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM