『ポチッと発明ピカちんキット』第8話「お掃除カラスのデューク」

 

  • ざっくりあらすじ

ケシカスイーパー10をカップラーメンに乗せ、出来上がりを待つ遠松エイジ。使えるまでに3分もかかるケシカスイーパー10を

面倒に感じてきているようだ。楽しくお掃除できないかなぁ〜…

そんな時、新たなピカちんロボ・お掃除カラスのデュークが届く。ケシカスイーパー10のカスタム法を教えてもらったエイジは「ピッラメいた〜!」学校に友達を集め廊下でお掃除レースを開催する。

レース参加者はお掃除カラスのデュークの他、ポチローやスパイフクロウのジェームズ、グルメタヌキのパティなど。混戦を極めるレースはデュークの勝利に思われたがゴール直前で爆破。レース参加者はレース前よりもさらに廊下を散らかす結果となり、先生から掃除を命じられるエイジであった。

 

何やら内緒話をするエイジやヒナちゃんたち。ギバちゃんに問い詰められ、エイジはうっかりぎばちゃんの誕生日パーティーを計画していることを話してしまう。喜びに沸くギバちゃん。

誕生日パーティー当日、エイジはヒナちゃんとお近づきになるため予定より早くヒナちゃん宅を訪れケーキ作りを手伝う。ウサギと月が大好きなギバちゃんに可愛いウサギのケーキが完成。しかしエイジはうっかりケーキに手を置いてしまう。

あわわ、どうしよう…。

そこでエイジが「ピッラメいた〜!」。ケーキの欠けを利用してお月さまのケーキにリメイク。ギバちゃんもとっても喜んでくれてめでたしめでたし。

「今日のあなた、なしじゃない」

 

  • 今日のピカチンズ

今日のピカチンズは博士、ジミー君、ギャル子ちゃん。人が乗れるケシカスイーパー10を制作したジミー君(作るのに3日3晩かかったという大作!)。

まずはギャル子ちゃんが乗ってみる。有人走行無事成功!次に右折できるか挑戦。博士が乗りスタート!…が、ケシカスイーパー10は全く右折せずそのまま小麦の海へと直進。全身小麦粉まみれになる博士。これにはジミー君もしょんぼりしたようだ。

 

  • 感想

すぐ飽きて発明品を変な使い方するところなど、エイジがある意味リアル小学生で共感が持てます。発明品も完璧じゃないのがユルくていいですよね。

 

ギバちゃんの誕生日会は結果オーライで大成功!でもギバちゃんのためにウサギケーキを作っていたヒナちゃん、レシピを調べたり飾りつけを考えたり、例えば「目は赤いグミにしようかなぁ」なんて事前準備にけっこう時間かけてたと思うんですよ。なのにエイジってやつは…。

 

お月さまケーキにリメイクしてギバちゃんも喜んでくれたから結果オーライなんだけど、ヒナちゃんがせっかく作った可愛いウサギケーキもギバちゃんに見てほしかったなぁ…。


ピカチンズは博士、ジミー君、ギャル子ちゃんでしたね。ギャル子ちゃん、可愛いんですけどはっきりしゃべらないから何話しているか聞き取れない、もしくはすっごく聞き取りにくい!

私は博士、ジミー君、マジ子ちゃんトリオのユルさが好きですね。今後のピカチンズにも期待です!

Related Entry
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM